なるほど~。

今日もフリーウォーターさんで長話・・・
いつも機材やシステムなどについて話をしてるのですが、今日はなんとなく紹介w
内容は、「水温次第でRO水の生産量が変わる」 です。
詳しい内容は・・・。
ROの浄水器は、水道水の水温が、25℃で100%の出力で使用できるようになってるらしく、
そこから1℃上下する毎に3%出力が変わるという・・・。

どういう事かというと、
水温26℃ 103% + 3%
水温25℃ 100% + - 0%
水温24℃  97% - 3%
という事です。
なので、冬場の寒い時期の水温だと10度くらいの水温になりますので、10度で45%減 ・ 9度で48%減という感じになってしまうと言う事ですね。
逆に、30度で15%増 という事です。

ちなみに、冬季の出力が落ちてる時にいくら強力な加圧ポンプを使っても、フィルターを新しいのに変えても、フィルターの大きさが変わらない限り出力は変わらないとの事・・・
なんか、加圧ポンプの必要性が無いという印象が強まってしまいましたw


そして、今日もサンゴ追加しちゃいました♪
画像

数日前にも似た様なの買いましたが・・・今日買った奴はかなり良い素質だし、いきなりアクアブルーでやってみます。
SCのアクアブルーは、ほとんどのミドリイシを綺麗に色揚げする感じで良いですからね♪
↓数日前のサンゴ
画像

○まだ二月なのに、最近凄く暖かいので、今日慌ててクーラーのコントローラーを付けましたw
これ凄いですね・・・メタハラ一杯着けてるのに、数十分で約700リットルの水が24℃になった・・・。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック